教員業績詳細

研究活動
論文 - ほしのあきら
  1. <日本語>
    カメラ内編集による肉体とイメージの緊張 [映像学,通(31) (1985年03月) 27 ~ 32] ほしのあきら
    THE Tension of Body and Image by Editing in Camera [japanese joumal of image arts and sciences, 通(31) (Mar, 1985) 27 - 32] HOSHINO AKIRA
    ・種別
    学術雑誌
    ・共著担当部分
    精神の集中により、編集を必要としない撮影を行うことで、映像の原初的な力、機械に頼らない可能性を引き出す。
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
    美学・美術史
  2. <日本語>
    映画の中の写真性についての考察 [映像学,通(35) (1986年11月) 76 ~ 83] ほしのあきら
    ・種別
    学術雑誌
    ・共著担当部分
    映画映像において、静止した1コマの存在を意識化することが、時間性と空間性の両方にとっての自由な表現と厳密な表現を導く。
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
    美学・美術史
  3. <日本語>
    映画技法の科学と論理~光の章(共著) [多摩芸術学園紀要,通(11) (1986年03月)] ほしのあきら,桧山茂雄
    Science and Logic on Film Making / Light [通(11) (Mar, 1986)]  
    ・種別
    大学紀要
    ・共著担当部分
    映画技法を科学的に分析し、本質的な力とその使い方の展開を考えていく。「絞りの決定」、「レンズとピントの考察」
    ・共著区分
    共著
    ・専門分野(科研費分類)
    美学・美術史
  4. <日本語>
    映画技法の科学と論理~フィルムの章 [多摩芸術学園紀要,通(12) (1987年03月) 103 ~ 116] ほしのあきら
    Sience and Logic on Film Making / Film [通(12) (Mar, 1987) 103 - 116]  
    ・種別
    大学紀要
    ・共著担当部分
    デュープ技法を分析し、その応用として手作り映像の技法「再撮影」を研究しながら、フィルムの特性を再考察する。
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
    美学・美術史
  5. <日本語>
    映画技法の科学と論理~ショットの章 [多摩芸術学園紀要,通(13) (1988年03月) 26 ~ 35] ほしのあきら
    Science and Logic on Film Making / Shoot [通(13) (Mar, 1988) 26 - 35]  
    ・種別
    大学紀要
    ・共著担当部分
    虚構の単位としてのショット/映像感受性の働き/知覚表象としてのショット/映像感受性の変質/空間の限定と緊張/内的時間を捉える/ショットの自立他
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
    美学・美術史
  6. <日本語>
    映画技法の科学と論理~時間・空間の章 [多摩芸術学園紀要,通(14) (1989年03月) 28 ~ 44] ほしのあきら
    Science and Logic on FilmMaking /Time and Space [通(14) (Mar, 1989) 28 - 44]  
    ・種別
    大学紀要
    ・共著担当部分
    時間と空間の飛躍/カット・アウェイの効用/省略できる現実と出来ない現実/モンタージュの視覚的効用/ドラマ的時空間のカッティングとタイミング/音と画面の対立他
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
    美学・美術史
  7. <日本語>
    映画技法の科学と論理~技術の精神 [多摩芸術学園紀要,通(17) (1992年03月) 83 ~ 93] ほしのあきら
    Science and Logic on Film Making / A technical spirit [通(17) (Mar, 1992) 83 - 93]  
    ・種別
    大学紀要
    ・共著担当部分
    精神の解放/技術に於ける意思/技術の形と内容/技術を創る目的意識/技術を創る訓練/土台としての眼の訓練/技術を使う訓練など
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
    美学・美術史

<< 業績一覧へ戻る

△このページの先頭へ