教員業績詳細

研究活動
展覧会・発表等(体育実技含)の業績 - 髙橋 正
  1. 銀座松屋デザインフォーラム’81,'83,'85,'87,'89,'91,'93,'95,'97,'99,(日本デザインコミッティー主催)
    ・開催期間
    1981年09月 ~ 1999年09月
    ・開催場所
    銀座松屋
    ・発表・展示等の内容等
    日本デザインコミッティー主催のビエンナーレ形式デザインコンペに参加。’91年銀賞受賞。その後招待出品。
  2. テキスタイル二人展
    ・開催期間
    1988年06月 ~ 1988年06月
    ・開催場所
    銀座松屋デザインギャラリー
    ・発表・展示等の内容等
    日本デザインコミッティーの招聘により、テキスタイルデザイナー山本清氏とともに開催。
  3. 大邱繊維交流展
    ・開催期間
    1994年10月 ~ 1994年10月
    ・開催場所
    韓国大邱
    ・発表・展示等の内容等
    日韓交流展への招待出品(プリント生地)。
  4. 「戦後生まれの作家100人」展
    ・開催期間
    1994年11月 ~ 1994年11月
    ・開催場所
    新宿パークタワー パークタワーホール
    ・発表・展示等の内容等
    新宿OZONEが竣工した記念展として戦後生まれの建築家、インテリアデザイナー、イラストレーター、グラフィックデザイナーなど100人が選抜された企画展。
  5. 「心地よい不協和音」展
    ・開催期間
    1997年10月 ~ 1997年10月
    ・開催場所
    新宿OZONEリビングデザインギャラリー
    ・発表・展示等の内容等
    自社製品開発の第2弾としてガラス製品を、第一線で活躍するデザイナーの協力により開発した。リビングデザインギャラリーの企画として、デザイナーズウイークに参加。
  6. PRINT&PAINT展
    ・開催期間
    1998年02月 ~ 1998年02月
    ・開催場所
    新宿OZONEにっぽんフォルム
    ・発表・展示等の内容等
    自社開発ブランドPRINT&PAINT設立7周年記念展をにっぽんフォルムの企画により開催。
  7. 「椅子の表情」展
    ・開催期間
    1999年02月 ~ 1999年02月
    ・開催場所
    新宿OZONEリビングデザインギャラリー
    ・発表・展示等の内容等
    自社開発のダンボール椅子を使用して、親子がコミュニケーションをテーマにペイント。表層デザインの多様性を展示した。
  8. PARADISE 高橋史郎&高橋正展
    ・開催期間
    1999年07月 ~ 1999年08月
    ・開催場所
    青山スパイラルガーデン
    ・発表・展示等の内容等
    空気膜構造体製造のバボットとの共同制作。ハイネケンとスパイラルのサポートにより空気膜の表層を担当し、コラボレーション展を開催した。
    照明:藤本晴美
    ポスター:木下勝弘
  9. SAKASHIMA「光と闇」展
    ・開催期間
    2004年09月 ~ 2004年09月
    ・開催場所
    大船渡NO3ギャラリー
    ・発表・展示等の内容等
    大船渡にある酒蔵を改造したギャラリーにおいて、その闇のなかに、蓄光顔料を使用した床材を敷き詰め、発光状態時の浮遊感と光がある時の床の存在感を光を使い演出した。
    照明は藤本晴美氏。
  10. テキスタイルの未来形2005,2006,2007
    ・開催期間
    2006年07月 ~ 2006年08月
    ・開催場所
    金沢21世紀美術館市民ギャラリー、札幌の森美術館、大阪南港コンテンポラリーギャラリー
    ・発表・展示等の内容等
    理事を務める、日本テキスタイルカウンシルの年次展。
  11. 1000 cups exhibition
    ・開催期間
    2007年12月 ~ 2007年12月
    ・開催場所
    韓国ソウル
    ・発表・展示等の内容等
    韓国クラフト協会主催の国際クラフトトレンドフェアに世界から1000人の作家が招待された展示会。
  12. 高橋正展「1tの衣類」
    ・開催期間
    2010年05月 ~ 2010年06月
    ・開催場所
    銀座巷房階段下ギャラリー
    ・発表・展示等の内容等
    古着を積み上げ、その表面に仕掛けを施すことにより、視覚的にその質量がなるなるかのような錯覚を覚えさせることを試みた。

<< 業績一覧へ戻る

△このページの先頭へ