教員業績詳細

*English*

顔写真
清水 淳子 (シミズ ジュンコ)
shimizu junko
多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科
1986年04月03日生/女性
URL】
http://4mimimizu.net/
教職員略歴
出身大学・学部・学科
  1. 多摩美術大学・美術学部
    ・学校の種類
    大学
    ・卒業年月
    2009年03月
    ・卒業区分
    卒業
    ・所在国
    日本国
出身大学院・研究科・専攻
  1. 東京芸術大学・美術研究科
    ・大学院課程
    修士課程
    ・修了年月
    2018年03月
    ・修了区分
    修了
    ・所在国
    日本国
取得学位
  1. 修士
    ・学位の分野
    情報設計(Information design)
    ・学位授与機関
    東京芸術大学(Tokyo National University of Fine Arts and Music)
    ・取得方法
    課程
    ・取得年月
    2019年03月
  2. 学士
    ・学位の分野
    情報デザイン(Other)
    ・学位授与機関
    多摩美術大学(Tama Art University)
    ・取得方法
    課程
    ・取得年月
    2009年03月
学内職務経歴
  1. 多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科
    講師 (2018年04月 ~ 2022年03月)
    Lecturer (Apr, 2018 - Mar, 2022)
所属学会(美術団体)・委員会
  1. デザイン学会 (2015年04月 ~ 継続中) [日本国]
    Design Society (Apr, 2015 -  )
研究活動
作品
  1. 「脳コワさん」支援ガイド (シリーズ ケアをひらく) グラフィックレコーディング (2020年05月)
    ・種類
    その他
    ・種別
    未設定
    ・専門分野(科研費分類)
     
  2. 多様な手と足のアーカイブ グラフィックレコーディングにてサポート (2018年08月)
    ・種類
    その他
    ・種別
    未設定
    ・専門分野(科研費分類)
     
展覧会・発表等(体育実技含)の業績
  1. オープンスペース2017 未来の創造
    ・開催期間
    2017年05月 ~ 2018年03月
    ・開催場所
    NTTインターコミュニケーション・センター
    ・発表・展示等の内容等
    ICCの20周年を参照点とし,人間とテクノロジーの関係について,多角的な視点から議論した内容をグラフィックレコーディングし展示。
  2. ホスピタルとデザイン展 グラフィックレコーディング
    ・開催期間
    2017年07月 ~ 2017年07月
    ・開催場所
    AXISギャラリー
    ・発表・展示等の内容等
    赤羽美和がホスピタルとデザインの関係性を語る展覧会。参加者の議論をリアルタイムでグラフィックに書き起こしサポートしたものを展示。
  3. 東京藝術大学ゲーム学科(仮)展
    ・開催期間
    2017年07月 ~ 2017年07月
    ・開催場所
    東京藝術大学大学美術館陳列館
    ・発表・展示等の内容等
    スクエアエニックスのゲーム制作プロセスをグラフィックレコーディングで表現してボードにしたものを展示。

全 4 件表示

論文
  1. <日本語>
    情報を描き出すインフォメーションドローイングの実践から見えてきたCo-graphicsの可能性 [ミミクリデザインWDAデザインカンファレンス2020にて口頭発表 (2020年07月)] 清水淳子
    ・種別
    その他
    ・共著担当部分
     
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
     
  2. <日本語>
    複雑な社会問題に取り組む当事者を支えるための グラフィックレコーディングの実施プロセスについての研究 [デザイン学会にて口頭発表 (2018年07月)] 清水 淳子,須永 剛司
    ・種別
    その他
    ・共著担当部分
     
    ・共著区分
    共著
    ・専門分野(科研費分類)
     
  3. <日本語>
    話し合いの中でグラフィックレコーディングがもたらす視点の意味 [デザイン学会にて口頭発表 (2019年07月)] 清水 淳子,須永 剛司
    ・種別
    その他
    ・共著担当部分
     
    ・共著区分
    共著
    ・専門分野(科研費分類)
     
総説・解説記事
  1. <日本語>
    連載/グラフィックレコーディングとは? [特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインターフェース学会学界誌 (2016年10月)] 清水淳子
    ・種別
    学術雑誌
    ・共著担当部分
     
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
     
  2. <日本語>
    目に見えない議論を描き出すグラフィツクレコーディングの効果 [公益財団法人 教育美術振興会 月刊誌『教育美術』 (2017年07月)] 清水淳子
    ・種別
    学術雑誌
    ・共著担当部分
     
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
     
  3. <日本語>
    グラフィックレコーディング本のできるまで [株式会社アクシス デザイン誌『AXIS』 (2017年07月)] 清水淳子
    ・種別
    商業雑誌
    ・共著担当部分
     
    ・共著区分
    単著
    ・専門分野(科研費分類)
     

全 4 件表示

その他研究活動
  1. ビジュアルマウンテンクエスト (2019年03月 ~ 2019年07月)
    ・種類
    フィールドワーク
  2. COVID-19から生まれたインフォメーション・デザイン (2020年03月 ~ 2021年03月)
    ・種類
    フィールドワーク
学術関係受賞
  1. グッドプレゼンテーション賞
    ・受賞年月日
    2019年07月 (日本国)
    ・賞の種別
    国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    ・授与機関
    日本デザイン学会
    ・受賞者・受賞グループ名
    話し合いの中でグラフィックレコーディングがもたらす視点の意味
    ・専門分野(科研費分類)
     
  2. グッドプレゼンテーション賞
    ・受賞年月日
    2014年04月 (日本国)
    ・賞の種別
    その他の賞
    ・授与機関
    デザイン学会
    ・受賞者・受賞グループ名
    清水淳子
    ・専門分野(科研費分類)
     
教育活動
その他教育活動及び特記事項
  1. 多摩美術大学情報デザイン学科にて、ワークショップ/グラフィックレコーディング(2014年04月 ~ 2014年06月)
  2. 京都大学 デザイン学大学院連携プログラム/グラフィックレコードで行うUXデザインワークショップ(2014年10月)
  3. 福岡大学 Future Sync vol.5議論の可視化が生み出す効果(2015年05月)

全 14 件表示

2022/05/01 更新

△このページの先頭へ