教員業績詳細

研究活動
その他競争的資金獲得実績 - 日髙 杏子
  1. 一般社団法人Jミルク 乳の社会文化ネットワーク 乳の社会文化学術研究
    ・研究期間
    2015年04月 ~ 2016年03月
    ・研究題目
    牛乳パッケージの色彩とデザインの日米比較文化研究
    ・研究内容
    本研究では、色彩文化の視点から日本とアメリカで市販されている牛乳のパッケージから「日本の牛乳パックらしいカラーチャート」と「アメリカの牛乳パックらしいカラーチャート」を作成し、色彩とデザインの傾向を比較する。研究目的は、日本とアメリカでおいしそうな牛乳をイメージさせ、購買欲を起こさせる色彩とデザインの文化的な違いを明確にすることである。
    ・資金支給機関
    民間財団等
  2. 公益財団法人前川財団 平成28年度家庭教育研究助成
    ・研究期間
    2016年09月 ~ 2017年05月
    ・研究題目
    日本の伝統色と色彩感覚に見る食育の影響
    ・研究内容
    本研究目的は、色彩文化の視座より、古来から伝わる日本の伝統色とその色彩感覚に家庭の食育が与える影響を、文献と伝統的和食の画像を通じて調査するところにある。日本人らしい色彩感覚は、日常の食生活と季節行事に影響を受けていると仮説を立て、古代から江戸・明治時代の色名の由来と比較する。
    ・資金支給機関
    民間財団等
  3. 公益財団法人アサヒグループ学術振興財団 研究助成 生活文化部門
    ・研究期間
    2013年06月 ~ 2014年12月
    ・研究題目
    日本とアメリカにおける菓子の広告グラフィック・パッケージデザインに使われる色彩の比較調査
    ・研究内容
    本研究では、日本とアメリカで市販されている菓子の広告グラフィック、およびパッケージデザインの色彩の傾向を比較し、「日本の菓子らしい広告と包装のカラーチャート」と、「アメリカの菓子らしい広告と包装のカラーチャート」を作成して分析する。本研究の目的は、日本とアメリカでおいしそうな菓子をイメージさせる色彩の文化的な特徴を明確にすることである。
    ・資金支給機関
    民間財団等
  4. 公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団研究助成
    ・研究期間
    2015年10月 ~ 2016年09月
    ・研究題目
    飲料水のボトルに使われる配色の日米比較
    ・研究内容
    本研究では、色彩文化の視点から、日本とアメリカの市販飲料水のボトルの画像データを基に、「各国・各種の水らしいカラーチャート(色票)」を作成し、配色の傾向を比較する。透明な水を入れるペットボトルのラベルの配色には、人間が持つ水のイメージが反映されている。研究目的は、日本とアメリカで水をイメージさせ、購買欲を起こさせる色彩の文化的な違いを明確にすることである。
    ・資金支給機関
    民間財団等
  5. 公益財団法人日本食品化学研究振興財団平成29年度研究助成金
    ・研究期間
    2017年04月 ~ 継続中
    ・研究題目
    イギリスの伝統的菓子におけるタール色素規制の調査
    ・研究内容
    本研究調査では、色彩学・食生活学の視座から、イギリスで販売されている菓子におけるタール色素(人工着色料)の規制について調査する。とりわけイギリスの伝統的菓子を中心に、さらにアメリカ、EUからの輸入品や現地生産品とも比較する。本研究目的は、おいしそうな菓子として食欲を起こす色と、着色料使用・規制の相関性を検討するところにある。
    ・資金支給機関
    民間財団等

<< 業績一覧へ戻る

△このページの先頭へ